マイコプラズマ【検査キット/価格が安いで比較】

マイコプラズマは肺炎を起こすことで広く知られていますが、実は尿道や膣内にも感染することがあります。

 

尿道炎を引き起こす性病と言えば、淋菌やクラミジアですが、これらが検出されない場合、なんと50%以上の確率でマイコプラズマやウレアプラズマが原因とされています。

 

※消費税増税の影響で、若干の価格変化が予想されます。当サイトで掲載しております金額と相違の可能性があります。

アイ・ラボ

 

マイコプラズマ・ウレアプラズマ検査キット…13,000円
※振込み手数料 送料無料
尿道炎(膣炎)・マイコプラズマ・ウレアプラズマの検査

 

マイコプラズマとウレアプラズマが女性に感染した場合の症状として、女性は膣の炎症、男性は尿道炎を引き起こします。

 

アイラボが他とは違うのは、異常が見られたら報告書に写真を添付してくれます。ちゃんと検査してくれているなぁ、と安心が得られる。検体も2週間保存してあるので要望があれば追加検査もしてくれるのもアイラボ独自のサービス。

性病検査 STDチェッカー

 

マイコプラズマ検査キット…4,620円
クラミジア・淋病・マイコプラズマ・ウレアプラズマの4種検査(男性用)

 

尿道炎を引き起こす4種の性病検査セット。ただし女性用を販売していない為、女性の方はアイラボを利用することになる。

現在、検査可能だったのはアイラボとSTDチェッカーのみ

検査キットを販売しているメーカー8社を調査した結果、マイコプラズマ/ウレアプラズマを検査できるキットはわずか2社だけでした。

 

マイコプラズマの症状

男性の症状

  • 尿道炎
  • 分泌物の増加
  • 排尿時痛
  • 不快感
  • かゆみ(稀に)

クラミジア感染に似た症状。

 

 

女性の症状

  • 子宮頸管炎
  • オリモノの増加

女性のマイコプラズマ感染の場合には、あまりはっきりとした症状がみられません。

 

 

マイコプラズマの検査

 

一般的には培養法。この時、4種の原因菌を検査することとなりますが、時間がかかったり、それぞれの菌を明らかにすること(同定)は難しいので、病院での検査、検査キットの価格は他の性病よりも高くなります。

 

ちなみにアイラボではこれら4種類の菌を一度に検査できる遺伝子検査法PCR/インベーダー法を採用しており、短期間で結果がわかるようになっています。

 

 

マイコプラズマはパートナーと一緒に検査した方が良い?

膣から尿道へ、尿道から膣へと感染しますのでセックスした相手も一緒に検査を受けられるのがベストと思われます。