HIV・エイズ検査キット【安い比較】

HIVを放置した場合のリスク

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を放置した場合、感染者の免疫力を徐々に弱くしていくのが特徴です。やがてAIDS(エイズ)を発症すると、さまざまな病気(日和見感染症)が併発します。症状も多様でいくつも併発します。エイズの代表的な症状として急激な体重の減少、著しい寝汗、下痢等が続きます。適切な治療を行わなければ基本的に数年で死にいたります。

 

性病検査キットの魅力は明朗な価格で病院よりも安く済み、病院に行く時間がない人でも気軽に使えることで人気です。

 

また病院に比べ、匿名性が高いので家族などの同居人にばれずに性病検査が可能なので「未成年の学生」、「風俗で染つされてしまった」、「浮気したら感染した…」などという方に人気です。

 

エイズはHIV感染から数年後に発症、そして死に至る病気です。しかし、現在ではエイズ新薬によって40年近く寿命を延ばすことができるようになりますた。早期発見・治療するほどに長生きできる可能性があります。

 

※消費税増税の影響で、若干の価格変化が予想されます。当サイトで掲載しております金額と相違の可能性があります。

さくら検査研究所

 

最安値!
エイズ検査キット2,700円

ふじメディカル

 

エイズ検査キット3,300円
※簡易書類だと3,600円

GME医学検査研究所

 

エイズ検査キット…3,400円

 

KENSA.BIZ

 

エイズ検査キット…3,700円

 

予防会

 

エイズ検査キット…3,980円

 

宅配ドクター

 

エイズ検査キット…4,200円

 

セルシーフィット

 

エイズ検査キット…4,200円

 

あおぞら研究所

 

エイズ検査キット…4,800円

 

性病検査 STDチェッカー

 

エイズ検査キット…4,935円

 

健康バスケット

 

エイズ検査キット…5,175円

メディチェケ

 

エイズ検査キット…6,300円

オススメ!

アイ・ラボ

 

HIV・梅毒・抗体検査キット…8,100円
※振込み手数料 送料無料
検査項目:HIV抗体 梅毒抗体

 

アイラボが他とは違うのは、異常が見られたら報告書に写真を添付してくれます。ちゃんと検査してくれているなぁ、と安心が得られる。検体も2週間保存してあるので要望があれば追加検査もしてくれるのもアイラボ独自のサービス。

 

複数の性病をセットで検査するメリット

すでにセックスパートナーが診断を受けており、性病の種類がわかっている場合を除いて、素人が性病を判断するのは難しいものです。一般的な性病をカバーしたセット検査は、検査漏れの心配がなく安心感をもたらしてくれます。

 

『まとめて性病検査』はこちら

↓↓↓

 

怪しい性病をまとめて検査をしたい場合

クラミジアや淋病などの性病の場合は、HIVに感染しやすい環境となっています。また、HIV・エイズ以外の性病症状が出ている場合はまとめて検査をした方が良いでしょう。

エイズとは?

HIVに感染することによって、エイズを発症、ヒトの免疫機能の働きを担っているリンパ球が破壊され、免疫機能がどんどん落ちていきます。

 

これによって健康なときに、まったく問題のないウイルスやカビなどでも命にかかわる症状(日和見感染症)を引き起こしやがて死に至ります。

 

エイズ発症に良く見られる症状

  • 発熱(風邪やインフルエンザと勘違いしやすい)
  • 下痢
  • 身体のだるさ
  • 体重減少

 

HIV検査の流れ

HIV/エイズ検査は、血液を採取して行います。

 

HIVに感染していることを確定させるために、2段階の検査を行ない、確実な検査結果を出す仕組みになっています。

 

 

[1段階目の検査]
スクリーニング検査…感染している人を逃さない感度の高い検査

 

[2段階目の検査]
確認検査…本当にHIVによる反応か再確認

 

1段階目の検査は「陽性(+)の方を逃してはならない」という目的の検査のため、非常に感度が高くなっております。HIV感染への不安なことがあってから、3ヵ月くらい、間を空けてからスクリーニング検査をすることでほぼ、確定できます。

 

「陽性(+)」となった方は、2段階目の検査を行います。ここでも「陽性(+)」が出ればHIV感染していることが確定となります。

 

HIVとは?

HIVとはエイズの原因となるウイルスのことで、正式名所は「ヒト免疫不全ウイルス」。

 

HIVウイルスに感染したままでいると免疫力がだんだん弱くなり、健康であれば何ともないような些細な菌やカビが原因で、さまざまな症状や死を招きいます。

 

もちろん、治療を受けないで放置していても治るものではありません。

 

現在では新薬によって、エイズ患者の寿命を40年近くも延命することができるようになりました。また、HIV感染の段階でも発症をかなり抑え込む新薬も登場していますので、早期検査の重要性を認知しておきましょう。

 

 

HIVのような性感染症(STD)は、性行為の経験がある方であればだれでも感染する可能性のある病気。
先進国では、HIVやAIDSに関する啓蒙活動や性教育の充実・強化によって患者数は減少傾向にありますが日本では、検査・治療体制が整っているにも関わらず、HIVやAIDSへの関心が低く検査を受けない人がかなり多くいるため、HIV感染に気付かず放置してしまいAIDSを発症してから検査を行って初めてAIDSだとわかる『いきなりAIDS』が増加しています。