肺がんセルフチェック方法

肺がんは、乳がんのように自分で触診したりできないため、セルフチェックは難しいものです。

 

それには自分でチェックするには症状から疑うしかないでしょう。⇒肺がん症状と特徴

 

 

★肺がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査がやすい検査キットはこちら★

↓↓↓

 

「忙しくて病院に行けない」「見られたり器具を入れられるのは恥ずかしい」「誰にもバレたくないでコッソリ検査したい」そんな人には検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗!費用も安く済むメリットがあります。

 

 

病院で行う肺がん検査の大まかな流れ

 

検査の始まり

まずは健診、主に「喀痰細胞診」で痰の中に異常な細胞があるかを調べ、場合によってはレントゲンや血液検査で隅々調べます。

 

検診で異常があった場合

健康診断で異常があった場合、主にCT検査によって、癌などの可能性を鑑別します。

 

鑑別で癌の疑いがあった場合

がんの疑いがあったら、病状の変化を「気管支鏡検査」、「胸腔鏡検査」、「経皮肺生検」などの方法で観察して、本当にがんであるかを確定する検査を行います。

 

がんと確定した場合

治療を行います。肺がんの規模や、転移等を徹底的に調べあげ、有効な治療方法の方針を決めます。