がん検査自宅キットってなに?病院と比較

性病検査自宅キットってなに?

がん検査キットとは、病院に来られない人でも自宅でがん検査を行えるようにしたものです。

 

自宅で検査物(採血や尿など)を採取して、検査機関に郵送。後日検査結果がわかるというもの。検査は国の認可が下りた機関で行うので病院などで受ける検査と精度は変わりません。

 

「癌かも…!?」と思っていてもなかなか病院へは行きづらいもの。それに病院・クリニックによって料金設定が違いますから検査を受け終わらないと費用もよくわかりません。それに確実な症状が無くて一応、体が心配だからと、病院で検査を受ける場合は自由診療となるため、保険適応外となります。

 

検査を受け終わってみると「本日は初受診、検査で○万円になります。」と目玉が飛び出るくらいの料金を請求される場合もあるらしいです。保険が効かない場合はさらに高額な出費となりますね。

 

 

病院でなくても「がん」は自分でも検査可能!


「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人にはガン検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

【自宅検査キットと病院】で検査した場合を比較

自宅検査キット 病院

検査キットの費用

 

検査キットを販売しているサイトに表記されているので、費用がわかりやすく郵送代も込み、その値段以上の金額はかかりません。なにより病院で検査を行うよりも安く済みます。

 

病院の費用

 

医療機関によって料金にかなりの差が有り、しかも、はっきりした症状が無くて検査を受ける場合は自由診療となり保険が効きません。なにより受け終わってみないと、いくら料金が分からないというのは不安なものです。

 

検査キットの検査時間

 

検査キットは自分の好きな時間に自宅で検査ができます。検査は採血やオシッコなどを採取。一つ一つにかかる時間はかかっても5分程度で、全部で20分もあれば出来てしまいます。検査物は検査機関宛の封筒に入れてポストに入れるだけ。

 

病院の検査時間

 

まず発生するのは病院へ行く時間。距離に応じて時間もかかるし、移動のためのお金もかかることも。次に待ち時間、込み具合によって大きく変わります。がんの検査する時間はかなりかかるので覚悟しましょう。

 

検査キットの検査結果

 

検査結果がでるスピードは病院と変わりませんが、主にWEBや電子メールで結果を知ることが出来るので性病の有無をいち早く知ることが出来るため、万が一、ガンだった場合に治療のために動きだすスピードはこちらが上。

 

病院の検査結果

 

「検査結果が出るのはコレくらいなので、いつ頃来られますか?」と聞かれると思います。病院の休みの都合、自分の仕事などの都合でなかなか病院に行けないから検査結果を知るのが遅くなる…なんてこともあり、早急な対処が難しくなります。

 

検査キットのメリット

 

病院に行きたがらない、または時間的余裕が無いために行けない人や、そのご家族でも検査を受けられる。

病院のメリット

 

病院の先生に直に検査してもらえる安心感。検査キットにはない部位のガン検査が可能。

 

検査キットのデメリット

 

日本人が一般的にガンに侵されやすい胃や、大腸などの部位の検査キットは充実している反面、それ以外の部位を検査するには病院に頼らなければならない。

 

病院のデメリット

 

検査費用が高額になりがちで、忙しい時間も割かなければならず時間の損失も大きい。また、ガン発見は医者の腕も左右されるため、経験の浅い先生ですと、特に小さいガンだと見逃されることもしばしば。

 

自分にあった検査キットの選び方が大事

性病検査自宅キットってなに?

単体の部位「がん」検査キットから、複数の「がん」検査の組み合わせによって種類が豊富。

 

どれを購入したらいいのか悩んでしまいますよね?そこでアナタにあった検査キットの選び方を紹介。

 

生活習慣によって体の異変が明らかな場合

タバコを吸っていて、肺や胸に違和感があるのなら、「肺がん検査キット」。便秘がちや血便が出るのなら「大腸がん検査キット」。ストレスを感じやすい、よく胃が痛くなるという人は「胃がん検査キット」。生理不順などの症状がでる女性なら「子宮頸がん検査キット」など身体の異変にピンポイントで部位の検査をすると安くて効率良いです。

 

身体に複数の異変がある場合

身体のあちこちに不安を感じる場合は、複数のがん検査がセットになったものがオススメです。

 

日本人がガンが出来やすい部位は胃、大腸、肺、子宮、乳房。5大ガンといってもいいくらい、日本人のガンの97%はこれらの部位。ですので複数部位の検査をすることはほとんどのガンを検査したことになります。

 

死亡率の高いがんは…

肺がんが一番高く、次いで大腸がん、胃がんが同じくらい。女性ならば、加えて子宮頸がんが多くなります。他にも60代くらいの男性は前立腺がんに、女性は閉経前後に子宮頸がんや乳がんになりやすいとも言われています。

 

乳がんのガン検査キットが無いようですが…

乳がん検査キットはありませんが、自分で触診しやすい手袋などが販売されています。

 

乳がん発見に一番、効率良いのが「乳房のシコリ」を見つけること。逆に言えばシコリがない場合、乳がんの危険性がほとんど無いのです。

 

ですので、乳がんに不安を持つ人は微妙なシコリ具合を発見しやすい、専用のグローブ購入をオススメします。検査キットを販売しているサイトでも手に入れることが出来ます。

 

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓