下腹部が痛かったら子宮頸がん?

MENU

下腹部が痛かったら子宮頸がんの初期症状?

性病検査STDチェッカー

腰や腹部あたりがなんだか痛いという場合は子宮頸がんの可能性があります。

 

子宮頸がんの特徴としてこのような、まさか”ガン”だったとは!!という症状がでることがあります。

 

腰痛は頑張り屋の日本人が多く、悩みを持つ症状でもありますので慢性的に腰が痛い人も多いので、ガンのサインを見逃しがちですし、腰が痛くて整形外科に行ってもガンが見つかることは、ほぼ、ないでしょう。

 

腹痛においても、我々が良く体験するからだの変調でもあり、ガマンしているといつの間にか痛みが消えていることもあり、放置されやすい症状であります。

 

 

子宮頸がんは自分でも検査可能!


★子宮がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人にはガン検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

 

 

下腹部の痛みは子宮頸がんの自覚症状

女性特有の子宮頸がん。下腹部や腰周辺が痛かった場合、子宮頸がんの可能性があります。

 

ですが、がんじゃなくても痛くなる可能性はありますので、それだけで「ガン」と決め付けることは出来ません。とくに腹部の痛みは他の病気でも良くある症状のため、それだけでガンとわかるものではありません。

 

あまりにも痛みが長引く場合や、重いものを持ったわけでもなんでもないのになぞの腰痛などが起こったら一応、検査することをオススメします。