オリモノが臭いと子宮頸がん?

MENU

オリモノが臭いと子宮頸がんの前兆?

性病検査STDチェッカー

おりものの量が増えた、それにおりものから嫌な臭いを感じる場合は子宮頸がんの可能性が高いと言えます。

 

その理由には、特に子宮頸がんの症状で頻繁に、そして顕著に表れるのが、オリモノのニオイだからです。

 

子宮がんの必ず出るといってもいい症状。ニオイを感じたら早期検査が望ましいです。また、子宮頸がんでなくても、性病の種類によっては同じようにオリモノから悪臭がすることがありますので、セックス時に感染した可能性があります。

 

子宮頸がんの検査をしても陰性でしたら、性病を疑い検査してみたほうが良いでしょう。

 

子宮頸がんは自分でも検査可能!


★子宮がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人にはガン検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

 

 

オリモノの臭いニオイは子宮頸がんの自覚症状

女性特有の子宮頸がん。オリモノやアソコから臭いニオイを感じた場合、子宮頸がんの可能性があります。

 

ですが、女性の陰部というのはジメジメ湿った場所で菌が繁殖するのに良い環境です。つまりはガンでもないのに臭いが出ることは結構多いのです。

 

例えば、大便後の拭き方。お尻からヴァギナの方向へ拭くクセのある人は、大腸菌やブドウ球菌などヴァギナの周りに付着して増殖。それが臭いの原因になることがあります。

 

ですので、一概にも匂いがするから”ガン”というわけではありません。でも検査は万が一のためしたほうが良いでしょう。