カンジタ検査キット【安い価格】徹底比較!!

C型肝炎を放置した場合のリスク

C型肝炎を引き起こすウィルスは10〜15年の非活動期を経てから慢性肝炎が活動期に移行します。一旦活動期に入ると自然に軽快することはなく、そのまま放置すると肝硬変、やがて肝がんに進行していく危険性が高まります。肝がん死亡の約60%がC型肝炎ウィルスが原因となっています。

 

性病検査キットの魅力は明朗な価格で病院よりも安く済み、病院に行く時間がない人でも気軽に使えることで人気です。

 

また病院に比べ、匿名性が高いので家族などの同居人にばれずに性病検査が可能なので「未成年の学生」、「風俗で染つされてしまった」、「浮気したら感染した…」などという方に人気です。

 

数分で終わる性病チェックしてみませんか?

 

B型肝炎ほどではないですが、C型肝炎も肝硬変や肝臓がんなどを高い発病率の性病です。

 

※消費税増税の影響で、若干の価格変化が予想されます。当サイトで掲載しております金額と相違の可能性があります。

さくら検査研究所

 

最安値!
C型肝炎検査キット2,700円

 

KENSA.BIZ

 

C型肝炎検査キット…3,000円

ふじメディカル

 

C型肝炎検査キット…3,300円
※簡易書類だと3,600円

性病検査 STDチェッカー

 

C型肝炎検査キット…4,620円
※B型肝炎・C型肝炎の2種検査

 

健康バスケット

 

C型肝炎検査キット…4,650円

宅配ドクター

 

C型肝炎検査キット…8,400円
※C型肝炎・B型肝炎・エイズ・梅毒の4種検査

GME医学検査研究所

 

B型肝炎・C型肝炎・HIV/エイズ・梅毒・淋菌(淋病)・クラミジア・トリコモナス・カンジダ検査キット…11,880円

 

予防会

 

男性用【HIV感染症・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・クラミジア・淋病】検査キット…13,380円(女性用14,410円)

セルシーフィット

 

C型肝炎検査キット…15,750円
※B型肝炎・C型肝炎・クラミジア・トリコモナス・淋病・カンジタ・梅毒・HIVの8種検査

 

あおぞら研究所

 

フルセット検査キット【HIV・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・淋病・クラミジア・淋病(のど)・クラミジア(のど)・HPV高リスク・HPV低リスク・トリコモナス・カンジタ(尿)・カンジタ(皮膚)マイコプラズマ・ウレアプラズマ・マイコプラズマ(のど)・ウレアプラズマ(のど)】 …43,000円

 

複数の性病をセットで検査するメリット

すでにセックスパートナーが診断を受けており、性病の種類がわかっている場合を除いて、素人が性病を判断するのは難しいものです。一般的な性病をカバーしたセット検査は、検査漏れの心配がなく安心感をもたらしてくれます。

 

『まとめて性病検査』はこちら

↓↓↓

 

C型肝炎以外の性病症状がある場合

性病は複数同時に感染することも多く、しかもクラミジア・淋病などに感染しているとHIV(エイズ)に感染しやすい状態なります。不安な人はまとめて検査しましょう。

 

オススメのB型肝炎検査キットは?

確実にC型肝炎の疑いがあるのなら単体検査の方が安いですが、B型肝炎である可能性もあり、検査漏れを防止するためにもセットで検査することがオススメ。

 

C型とB型をセットで検査するなら「性病検査 STDチェッカー」がもっとも低価格でお得となります。

 

C型肝炎の主な感染経路

  • ボディピアス
  • 覚せい剤の注射
  • 入れ墨
  • 器具が使い捨てでない場合の民間療法
  • 器具が使い捨てでない場合の脱毛処理
  • セックス

主に血液を介して感染します。

 

C型肝炎とは?

C型肝炎ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気です。肝炎を引き起こし、肝臓の細胞が壊れて、肝臓の働きが悪くなり、肝臓がんを発症させます。

 

しかし、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるくらい、慢性肝炎や肝硬変になっても症状にでないので、気付かないうちに悪化していきます。

 

C型肝炎ウイルスに感染しているかもしれないと思ったら、症状がなくても検査をすることが重要となってきます。

 

B型肝炎との違い

性感染症学会では『B型肝炎より感染力は劣るが、性感染症として取り扱う』と明言しています。

 

ただし、B型肝炎との大きな予後の違いは、きちんと知っておかなければなりません。

 

B型は感染すると、症状の激しい急性肝炎となり、劇症化しなければ大部分は治ります。

 

一方、C型は感染後、比較的穏やかな肝炎症状の後、約30%は完治し、70%は慢性(キャリア)化します。

 

検査でもその違いがあり、C型肝炎は、HCV抗体によってスクリーニングをかけるため、血中に抗体が出現するまでに、2〜3か月のウインドウ・ピリオドが存在し、スクリーニング検査が適さない。

 

 

C型肝炎の出やすい症状

  • 倦怠感
  • 食欲不振
  • 赤褐色尿
  • 黄疸

 

C型肝炎を放置した場合のリスク

C型肝炎を引き起こすウィルスは10〜15年の非活動期を経てから慢性肝炎が活動期に移行します。一旦活動期に入ると自然に軽快することはなく、そのまま放置すると肝硬変、やがて肝がんに進行していく危険性が高まります。肝がん死亡の約60%がC型肝炎ウィルスが原因となっています。

 

 

肝移植という治療なしでの死亡率は60〜70%にもなります。それにはドナーが必要不可欠となりますので、症状が進行してからですと見つからずに亡くなる可能性も高くなります。

 

ですので、早期発見できるよう不安があれば早めの検査をオススメします。