肝臓がんかもしれない症状と特徴

肝臓がんの兆候と症状

肝臓がんかもしれない症状と特徴

  • 食欲がなくなってきた
  • だるさ、疲れを感じる
  • 下痢が多い
  • よく発熱する
  • 嘔吐や吐き気がある
  • 黄疸
  • ダイエットしてないのに体重減少
  • 顔の肌が黒くなる
  • 腹部に張りを感じる
  • 肝臓付近に痛み

 

 

 

肝臓がんは自分でも検査可能!


★肝臓がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人にはガン検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

自覚がないうちに進行、転移しやすい肝臓がん!!

「肝臓がん」にはほとんど初期症状がありません。

 

有名な話で皆さんもご存じのとおり、肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれるくらいに痛みもなにも感じないため、下手をすれば末期がんになるまで気がつかなかった人もたくさんおります。

 

肝臓ガンが進行してくると右上腹部の不快感、吐き気、右上腹部膨満感。これらは肝炎、アルコール性肝疾患、脂肪肝の症状にも似ています。

 

さらにがんが進行すると、肝臓の痛み、食欲不振、倦怠感、体重減少、肝腫大、黄疸の症状がでるのが特徴。

 

肺、骨、胸や脳に転移しやすく、胸痛、胸水、骨痛、頭痛、神経障害の症状が表れます。

 

不安な人ははっきりさせるためにも、病院などで検査を受けられるのが良いでしょう。