前立腺がんかもしれない症状と特徴

前立腺がんの兆候と症状

前立腺がん症状と特徴

前立腺がんは、60代くらいの男性に多いガンで、初期症状は全くありません。がんが進行すると大きくなって尿道を圧迫し、オシッコが出づらくなってきます。

 

わかりやすい症状としては頻尿・尿が出にくくなる・残尿感・時々オシッコ時に痛みを感じるのが特徴。

 

ただ、これだけの症状では、前立腺がんであると断定は出来ません。やはり、がんか、どうかは病院などで検査を受けなくてははっきりとしませんね。

 

それに頻尿などの症状は加齢によっても出やすいため、これだけでは病院にいかず、激しい痛みなどがあってから駆け込んだところで手遅れ…なんてことも。

 

不安や異変をを感じたらまずは検査をオススメします。

 

前立腺がんは自分でも検査可能!


★前立腺がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人にはガン検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

 

 

前立腺がんは初期症状がまるでなし!中高年の男性はご注意を!!

 

他には尿や精液に血液や膿が混じったり射精時に痛みを伴うことがあり、転移すると、リンパ節や骨などの臓器に広がると骨や関節、特に背中や腰が痛くなることが多くなってきます。

 

また、前立腺がんは前立腺肥大症と症状が似ています。

 

どちらも40代以上の中高年男性に多く、前立腺の体積が増加することにより頻尿が出現します。

 

不安の人は病院で検査を受けられるのが良いでしょう。