中国の大気汚染”PM2.5”は肺がんリスク倍増!

夜の北京↓

中国大気汚染PM2.5

中国から流れてくる有害物質”PM2.5”は非常に発ガン性が高い物質。最近話題となっておりますが実は、かれこれ10年以上も前から、日本で観測されていました。

 

そこで気になるのは、
自分は今、肺がんに冒されているのでは?という不安を抱える人が多いと思います。

 

日本の死亡原因の理由No.1は「肺がん」。中国から飛散してくるPM2.5もそうですが、特に肺がん発症率の高いタバコをよく吸う中高年、受動喫煙が多い人は要注意です!

 

 

肺がんは自分でも検査可能!


★肺がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人にはガン検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

病院で検査を受けた場合にかかる費用

肺がんの疑いのある症状の人は病院で早期に検査を受けましょう。

 

病院での費用は大体、1万2千円〜になります。

 

肺がんは、実は日本人の死亡原因の第1位となっており、とくに喫煙率の高い中高年世代は危ないとされ、吸っている人はもちろん、吸わない人でも受動喫煙により、吸っている人のタバコの煙を吸い続けて、肺にガンをもたらします。

 

もしも、一緒に住んでいるご家族の中に喫煙者がいる場合は、吸わない家族も含めて肺がんの検査をしたほうが良いでしょう。

 

 

肺ガンに出やすい症状

  • 咳や痰
  • 血痰がでる
  • 喘息のようなぜーぜー
  • 風邪のような症状がずっと続いている
  • 胸が痛い
  • 疲労感
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • タバコを吸うと苦しい

自分では気にしないようにしていますが、肺がんだと思いたくなくて誤魔化し誤魔化し暮らしてませんか?

 

肺がんは確実に症状が出ます。命と天秤にかけた時、金や時間、仕事を優先するか、自分はもちろん、家族をとるかはあなた次第です。