マイコプラズマ/ウレアプラズマ尿道炎かもしれない症状と検査方法

ウィルス性尿道炎は放置すると睾丸が炎症し不妊の原因に!

 

マイコプラズマ/ウレアプラズマ尿道炎の特徴をカンタンに説明すると…

男性尿道炎の原因となるマイコプラズマ/ウレアプラズマ菌。

 

男性が感染した場合、クラミジアや淋病とほぼ同じような症状で「尿道炎」、「尿道からの分泌物(膿)」、「 軽い排尿痛」、「尿道のかゆみや不快感」 がでることがあります。

 

★マイコプラズマの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓


 

 

 

 

性病検査STDチェッカー
女性に感染した場合は子宮頚部の炎症、オリモノの異常、痒みなどの症状がでます。

 

ただし、クラミジアと同様に症状が全く自覚しないこともありえます。

 

 

性病検査STDチェッカー
感染した男性が治療せずにいると、精巣上体炎(副睾丸炎)や前立腺炎、血精液症になることもあり、無精病、不妊の原因にもなりますので心当たりがある人は病院で早期検査で性病リスクを下げましょう。  

 

 

マイコプラズマ/ウレアプラズマが不安な男性に、知っておいて欲しい検査キットとは?

検査キットとは、わざわざ病院に行かなくても自分で性病を検査できるものです。

 

【STDチェッカーとは】
STD研究所の検査キットはどこよりも安く、さらには病院よりも費用が抑えられます。
性病は病院でさえ恥ずかしい病気、『STDチェッカー』は匿名検査、さらに自宅以外でのキット受け取りも可能ですので、
誰にもバレることなく、コッソリ性病のチェックが出来ます。