おりもの量が多い、おりものの色がおかしい、おりものが臭う

「おりものの量が多い」
「色のついたおりものが出る」
「おりものが臭い」などの症状の場合は、

 

クラミジア、淋病、カンジダ、トリコモナス、細菌性膣炎、子宮頸がんの可能性があります。

 

 

性病は自分でも検査可能!


 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★性病検査オススメ比較はこちら★

↓↓↓

 

 

クラミジア

クラミジアは膿の混じった黄色や緑白色のおりものが出ます。感染初期の自覚症状が軽く感染に気づかないことが多いので発見しにくい性病。

クラミジアについて

 

 

淋病

放置すると卵管炎や子宮内膜炎、腹膜炎を引き起こし、不妊の原因に。

淋病について

 

カンジタ

悪臭のする白い酒かす状のおりものが出るようになります。症状が進むと耐え難い激しいかゆみを伴います。また、フェラチオ・クンニで口腔内にも感染する可能性も。

カンジダについて

 

トリコモナス

黄色や血液の混ざった「ツン」とした悪臭のあるおりものが出ます。また激しいかゆみを伴います。

トリコモナスについて

 

細菌性膣炎

鼻が曲がりそうなほどのヒドイ悪臭のするオリモノ。症状がカンジダ、トリコモナスと似ているため勘違いされやすい。

細菌性膣炎について

 

 

子宮頸がん

子宮頸管に発生するがんで血の混ざったおりものが増加するようになります。
また、出血も見られるようになります。

子宮頸ガンについて

 

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★性病検査オススメ比較はこちら★

↓↓↓