インフルエンザのような発熱や倦怠感やしつこい下痢・寝汗

男性がセックスをした数日後にこのような症状がでたらHIVかもしれません。その症状とは以下の通りです。

 

「1ヶ月以上続く発熱」
「しつこい下痢や寝汗」
「リンパの腫れ」などの症状の場合は、HIV(エイズ)、の可能性があります。

 

HIVは、エイズになりやがて死を迎えるイメージですが、新薬の登場で糖尿病のように薬で症状を抑えながら、寿命を延ばすことができます。ですので、これらの症状がある場合はHIV検査を受けることをオススメします。

 

 

性病は自分でも検査可能!


 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★性病検査オススメ比較はこちら★

↓↓↓

 

 

エイズ

HIV(エイズ)は、感染の機会があってから2〜4週間後にインフルエンザのような、発熱、咽頭炎、倦怠感筋肉痛といった症状や、リンパ節の腫れ、体重が減少などの症状が出ます。

 

HIV(エイズ)について

 

 

 

性病検査STDチェッカー
HIVは治療をしなければ増殖を続け、免疫機能の中心的な役割を担っているリンパ球(白血球の一種)を次々に破壊します。

 

その結果、免疫不全に陥り、様々な感染症や悪性腫瘍などを引き起こし、いずれ死にいたります。

 

今の医療技術なら早期発見でHIVからエイズの発症をかなり遅らせることが可能です。

 

 

他の性病に感染しているとHIVが感染しやすくなります!

健康な状態に比べ、HIVの感染率が3〜5倍も増加。性病かも?っと、少しでも異変を感じたら早期検査が大切です。