おしっこの色がおかしい・血が混じる

セックスの後になんだか様子がおかしい…、そんな男性も多いと思います。
とくに尿道と通って性感染症になるため、尿に異変が起きることはよくあること。

 

「おしっこの色がおかしい」
「おしっこに血が混じる」などの症状の場合は、淋病、B型肝炎、C型肝炎の可能性があります。
性病検査STDチェッカー
淋病を放置して酷くなった場合、睾丸が倍ほど腫れ上がってしまいます。これは炎症を起こしているため。これは無精病の原因ともなます。

 

B型、C型肝炎は、初期症状が出にくく、後に肝臓ガンになる可能性が高い性病です。ですが、おしっこに異変があったからと言って性病とは限りませんが、念のため検査を受けると良いでしょう。

 

 

性病は自分でも検査可能!


 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★性病検査オススメ比較はこちら★

↓↓↓

 

 

淋病

淋病は、おしっこの時にペニスの先端が痛み、おしっこが出にくく、さらに血が混じっている等の症状があります。

淋病について

 

B・C型肝炎

◎B型肝炎、C型肝炎は、赤茶色の尿や、体がだるく吐き気や食欲が不振であったり、黄疸が出たりなどの症状があります。

B型肝炎について

 

C型肝炎について

 

 

 

性病検査STDチェッカー
淋病は、放置すると精巣上体炎や前立腺炎になります。
またB型肝炎、C型肝炎は放っておくと肝硬変になり、死につながります。

 

異常を感じたら早急に検査をしてください。

 

 

 

 

「右上腹部の圧迫感、しこり」、「手の平が紅色になる」の症状の場合。

もしかしたら肝臓がんの可能性があります。

 

B型肝炎や、C型肝炎が進行すると、肝臓がんに発展する恐れがあります。

 

肝臓は鈍感で症状を自覚しにくいので気づきにくい。特に健康診断などでB型肝炎ウィルスやC型肝炎ウィルスの保有者(キャリア)と診断された方は定期的な検査を心がけましょう。