成人T細胞白血病かもしれない症状と特徴

成人T細胞白血病はエイズ同様に免疫力がなくなる怖〜い病!!

成人T細胞白血病の特徴をカンタンに説明すると…

成人T細胞白血病かもしれない症状と特徴

 

成人T細胞白血病は、ヒトT細胞白血病ウイルスT型(HTLV-T)の感染で発症する病気です。

 

悪性化したT細胞(リンパ球の一種)が、血液やリンパ液にのって、 全身の臓器に広がり、末期はエイズ患者と同様、免疫不全者の日和見(ひよりみ)感染症になり、そこらじゅうに浮遊しているカビですら命取りをなります。

 

症状としては原因不明の皮疹、のどの渇き、不整脈などがみられるようなら要注意。

 

ですが、骨髄移植でほぼ消失しますので、感染者を増やさない為にも異変を感じたら早期検査を受けたほうが良いでしょう。

 

性病なら、自分で検査できる便利なモノがありますよ♪

 

病院に『行けない』、『面倒くさい』、『恥ずかしい』人には自宅検査ができるSTDチェッカーがオススメ。

自分で検査物(尿や血液など)を採取して検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。
採取自体、5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済みます。

 

 

 

 

成人T細胞白血病とは

日本のキャリア(持続感染者)約100万人のうち、発症数は年間約700人と言われ、とくに沖縄、鹿児島、宮崎、長崎にキャリアが多く、国内のキャリアの約3分の1を占める、との報告があります。

 

感染しても症状が出る人のほとんどが40歳以上で、60〜70歳に最も多く、病名に「成人」とつく由縁。

 

母子間では母乳を通して、性行為、輸血による感染があります。

 

性行為による感染は、精子中のHTLV-Tが原因です。

 

輸血感染は献血時のチェック検査の導入により、現在ではなくなりました。

 

 

成人T細胞白血病の症状

 

  • リンパ節のはれ(首、わきの下、足のつけ根など)
  • 肝臓・脾臓のはれ
  • 原因不明の皮疹
  • 血液中のカルシウム値の上昇
  • のどの渇き
  • 意識障害
  • 不整脈

 

ウイルス(HTLV-T)に感染して悪性化したT細胞(リンパ球の一種)が、血液やリンパ液によって、 骨髄や肝臓、 脾臓、消化管、 肺など全身の臓器に広がっていきます。

 

末期にはエイズ患者と同様、免疫不全者の日和見(ひよりみ)感染症になります。

 

ですが、骨髄移植でほぼ消失しますので、早期発見が寿命を延ばすカギ。感染者を増やさないよう性行為前や妊娠前には検査を受けたほうが良いでしょう。

 

B型肝炎が不安な人に、知っておいて欲しい検査キットとは?

検査キットとは、わざわざ病院に行かなくても自分で性病を検査できるものです。

 

【STDチェッカーとは】
STD研究所の検査キットはどこよりも安く、さらには病院よりも費用が抑えられます。
性病は病院でさえ恥ずかしい病気、『STDチェッカー』は匿名検査、さらに自宅以外でのキット受け取りも可能ですので、
誰にもバレることなく、コッソリ性病のチェックが出来ます。