細菌性膣炎かもしれない症状と特徴

細菌性膣炎症をカンタンに説明すると…

細菌性膣炎かもしれない症状と特徴

細菌性膣炎は妊娠可能な年齢の女性にみられる、「一般細菌」が原因の膣感染症です。

 

オリモノの臭い、色の変化、量の減少が特徴で、妊婦の場合は流産や早産の可能性があるうえ、他の性病と似た様な症状が出ますので勘違いされがちです。

細菌性膣炎かも知れない兆候と症状

  • なんだか最近、オリモノの量が少ない
  • オリモノの色がサラッとしていて灰色っぽい
  • アソコから臭いニオイがする

子宮がんも症状にオリモノの悪臭がありますので、単なる性病かと思っていたら「がん」というケースもあり、放置は非常に危険。
細菌性膣炎の兆候として、顕著にオリモノに変化がありますので色、粘り気、量をチェックしましょう。

 

 

細菌性膣炎は自分でも検査可能!


★細菌性膣炎「最安値検査キット」はこちら★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

 

 

 

 

細菌性膣炎はオリモノの悪臭、さらに妊婦は流産・早産の原因にも!!

 

細菌性膣炎とは

性病検査STDチェッカー
膣内細菌のバランスが崩れ、”一般的な細菌”が過剰に繁殖し炎症を起こす病気です。

 

セックスパートナーの多い人がなりやすく、免疫力が落ちる月経時や病気時に発症しやすい。約半数が無症状ですが、妊娠している女性は、流産や早産の原因とも言われているので注意が必要です。

 

膣炎の放置は、絨毛膜羊膜炎(じゅうもうまくようまくえん)にまで悪化し、子宮口が開いてしまい、早産になるといわれています。24〜37週の早産率は2.8倍、16週以内だと5.5倍も高くなります。

 

細菌性膣炎の症状

性病検査STDチェッカー

魚臭帯下と呼ばれる、悪臭の強いオリモノが特徴です。

 

膣の中は通常、乳酸菌によって酸性を保たれていて悪臭の元となる菌が繁殖しないようになっています。

 

 

【この性病になりやすい原因】

  • 過度なセックス
  • 膣洗浄のしすぎ
  • 疲労

 

最近性膣炎になりやすい女性と言うのは、上記のなどが原因で、乳酸菌による自浄作用を失うと、さまざまな菌が膣の中で繁殖し始めます。

 

細菌性膣症は、時に淋病、カンジダ症や膣トリコモナス症と同じ様な症状が出ますので勘違いされがちです。

 

また、子宮がんもオリモノの悪臭があり、特定するには様々な性病を複合した検査が必要になります。

 

 

とくに妊娠していると思われる女性、妊婦は症状を確認出来るようでしたら、赤ちゃんを健康で元気に産むためにも、一度検査を受けた方が良いかもしれませんね。

 

 

 

★細菌性膣炎「最安値検査キット」はこちら★

↓↓↓

 

 

≪細菌性膣炎以外にも症状が似ている性病≫
・クラミジア ・カンジダ ・淋病 ・トリコモナス ・子宮頸がん