胃がんの初期症状はどんな感じ?

胃がんは乳がんなどと異なり、初期症状や普通のセルフチェックで発見出来る可能性が低いがんです。基本的に胃は大きいため、ガンで会っても病巣が少ないうちは思ったより負担が出ないというものがり、早期発見しづらい原因として挙げられます。

 

考えているよりも症状が表れやすいのは、胃の入り口や出口にあたる噴門や幽門あたりにがんができたケースです。

 

だが思い返せばあると思う症状を例に挙げますと、「振りかえれば胃に違和感がある」「胃痛がする」「食欲が落ちた気がする」といった実体験のあることが多く、異変を感じて急いで病院に駆け込むような辛い症状ではないとおもいます。

 

他には胸やけやげっぷが大半でおこる、味覚が変わる、口臭が激しくなるなどの症状も噂されていますが、孰れも他の胃腸の病気にも見られる事例ばかりです。

 

まあ、腹痛などの痛みがあるときは、胃がんの場合は食前食後だけに関わらず常時、急に起こる点が唯一の異変を感じるポイントだといえます。胃潰瘍や十二指腸潰瘍では、食後や空腹時に痛む事例が多く見られます。

 

それでもどっちにしろ、初期症状だけで胃がんを疑うには、さも乏しい情報量というのが今のところセルフ検査の限界だといえるでしょう。

 

★胃がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

胃がんの初期症状はどんな感じ?関連ページ

「腹痛」と胃がんである可能性は?