「腹痛」と胃がんである可能性は?

胃がんは、自覚症状が出ることは少なく、胃がんが進行しても無症状の時も…というより、胃痛・胸焼け・食欲不振などの症状は胃がんで無くても起こりえるため、まさか自分が胃がんだとは考えられる人はそう多くありません。

 

 

胃がんといったものは症状に関して1つのポイントとして上部腹痛というものが感じられますから。しかしながらタイプ違いの似たような病気なんかにもしばしば見られる症状だけに、痛みのみで胃がんというものの明察については決定づけるのは難解なわけです。

 

早期での胃がんに関しての腹痛症状をもつ胃がんの場合は第一に初期症状についてはわずかな方にしか初期症状がでないがんとなります。

 

明らかなところまで胃がんというものであると把握するような症状などは希少で、腹痛といったようなものが胃炎、あるいは胃潰瘍というようなものと似ていますからね。

 

胃に関して場合ですと腹痛の中に関しては「上部腹痛」なんかになりますなどのように、初期段階のころについては確実に発生するというアプローチとして感じ取れるわけではありませんですし、現れても鈍い痛みとして多いというのがあるからガンかもと病院に訪れる方とかが見られます。

 

 

それプラス痛んだり痛まなかったりなどを繰り返す事例というものが数多いようなので、病院に向かうように駆け込むような人のほうが結構いるとはいえません。

 

しかしながら胃潰瘍との別物でありポイントを挙げるとすれば、「摂食なんかに関わりなく腹痛が起こりがち」といったものが説明するができることだと考えています。

 

胃潰瘍というもののなどのような場合は胃に食べ物が入れられると刺激されて痛むのが原因、食後に痛みを訴えるといった方というようなケースがたくさんあるのですが、胃がんの場合は基本的に食後だとかというケース以外でも起こりえるとされていますからね。

 

 

それだけでなく胃がんにおいて十二指腸潰瘍といったものの症状とも似ていますけども、十二指腸潰瘍というような痛みについては胃の中が空っぽの際においてしょっちゅう起こります。

 

これは空腹時に向かって胃液といったものがそのまま十二指腸へと入ってくるという仕組みになっておるためで、ご飯をとることで胃液といったものが薄まり痛みといったものが和らぐのだと考えています。

 

であったとしてもこういった事例というものにはそれぞれの違いがございまして胃がんでも空腹時、あるいは食後について痛むというような方といったようなものもよく見られます。要約すると腹痛だけをもってして限定するkとで胃がんとしての判断になるようにこじつけることはものすごく難儀と言えます。

 

 

 

ちなみに胃がんに関しては腹痛といったものが見られがちなのは、潰瘍ができるという性質だといわれています。というのもあって粘膜状が持つ変化が限られたスキルス胃がんスタンスの違うといったものなどといったことをに関しては、初期についていえば痛みの部分まで全然感じない患者さんなどのほうが多いようだと考えています。

 

 

 

 

胃が痛くなる原因は次の通り。

 

急性胃炎

食べすぎ飲みすぎ、アレルギー、食中毒が一般的ですが、ストレス性、ノロウイルスなどのウィルス性などが原因で起こります。

 

急性胃腸炎の症状
  • みぞおちが突然キリキリと痛む
  • 吐き気がある(下痢をともなうこともあり)
  • 吐血や下血した

 

 

慢性胃炎

原因は主にピロリ菌、慢性的ストレス、慢性的な食べすぎ飲みすぎで起こります。

 

慢性胃炎の症状
  • 突然の胃痛
  • 突然のや吐き気
  • 胃もたれ
  • 胸やけ
  • 膨満感
  • げっぷ

 

 

自律神経の乱れ

ストレスや長い間の緊張が続くと自律神経が乱れて胃酸が過剰に分泌し胃の粘膜を傷つけ胃痛を引き起こします。

 

 

生活習慣による胃痛
  • 暴飲暴食
  • にんにくやトウガラシなどの刺激の強い食べ物
  • お酒・アルコール
  • タバコの喫煙
  • 果汁の多いジュース
  • 炭酸飲料の飲み過ぎ

 

 

ピロリ菌

ヘリコバクター・ピロリ菌は胃の酸の中で生息する細菌。このピロリ菌は常にアンモニアを出し続けて胃酸から身を守っておりアンモニアが慢性胃炎を繰り返し胃痛の原因になります。また、胃潰瘍に進行していく原因とも言われております。

 

 

胃潰瘍

慢性胃炎で胃の粘膜や胃壁が欠損したものでして、酷い時は貫通することもあります。

 

胃潰瘍の症状
  • みぞおち周辺のズキズキとした痛み
  • 食事中〜食後に痛みを感じることが多い
  • 胃もたれ
  • 胸やけ

 

 

十二指腸潰瘍

ストレスやピロリ菌などが主な原因で起こると考えられています。

 

十二指腸潰瘍の症状
  • 朝起きると胃が痛い
  • 空腹時にみぞおち周辺がシクシク痛い
  • 食事をとると症状がなくなる
  • 胸やけ
  • 胃もたれ
  • 吐き気

 

将来的に胃がんリスクが高いもの

  • 煙草の習慣的な喫煙
  • 用塩分の多い食品を良く食べる
  • 野菜や果物の摂取不足
  • 習慣的に辛いものなどを良く食べる
  • ヘリコバクターピロリ菌に感染している

 

★胃がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

胃がんといったセルフで感じると方法は稀な症状に関しては簡単ですが、逆に良く見られる症状では他の病気を勘違いして発見が遅れることが良くあります。1つ揚げるなら「上部腹痛」というものが感じられますからこのサインを見逃さないようにしましょう。

 

ただしタイプ違いの似たような類似した病気なんかにもよく見られる症状だけでは不十分なだけに、痛みのみで胃がんというものの見解にそこまでで決定づけるのはお医者さんにだって難解なわけです。

 

 

放置してしまい胃がんが進行すると、痛みも激しさを増していきます。そのうえ転移した先によっては、腰や背中などの関係のない部分にまで痛みが出ることもありさらに特定が難しくなったりします。

 

加えて初期のころには断続的だった痛みも、症状が進行するうちに持続的になっていくことに関していえるようです。

 

腹痛以外にも、著しい体重の減少や血を吐いたり、下血、吐き気や明らかな食欲不振などが見られるようになり、輪にかけて顕著な胃がんの症状が現れるようになります。

 

このように腹痛だけで胃がんだけを疑うことはできないのですが、一時的な症状だけでは治まらずある程度の長く症状が続くときは、念のために病院を受診するという手段が望ましいでしょう。

 

胃がんでなくても胃炎や胃潰瘍が見つかる可能性もあるからです。

「腹痛」と胃がんである可能性は?関連ページ

胃がんの初期症状はどんな感じ?