肺がんかもしれない症状と特徴

肺がんの兆候と症状

  • 咳や痰
  • 血痰がでる
  • 喘息のようなぜーぜー
  • 風邪のような症状がずっと続いている
  • 胸が痛い
  • 疲労感
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • タバコを吸うと苦しい

 

★肺がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査がやすい検査キットはこちら★

↓↓↓

 

「忙しくて病院に行けない」「見られたり器具を入れられるのは恥ずかしい」「誰にもバレたくないでコッソリ検査したい」そんな人には検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗!費用も安く済むメリットがあります。

 

 

 

 

 

長い風邪かな?と思ったら肺がんかもしれない!!

 

肺がんの原因

中年と高齢者で発症が多く、患者の年齢層はほぼ40歳以上で
喫煙(能動喫煙と受動喫煙)が肺がんの主要な原因です。

肺がん

【肺がんの要因】

  • タバコ
  • アスベスト
  • すす
  • タール
  • 石油
  • 多環芳香族炭化水素
  • 車両の排気ガス
  • 産業排出物
  • 道路舗装用アスファルト
  • ゴム産業における抗酸化物質
  • 鉱業のほこり

 

 

 

肺がんの症状

症状は病巣のできる部位で変わり、大きく分けると「肺門型」と「肺野型」。

肺がん

【肺門型】
気管支に近い部分にできるガンで、症状もでやすいです。

 

  • 咳や痰
  • 血痰
  • 喘息のようなぜーぜーといった感じ
  • 風邪にちかい症状

 

【肺野型】
初期はほとんど症状はありません。
検診や人間ドッグなどでみつけないとわかりません。

 

他の部位に転移した場所の痛みを感じて診てもらったら肺野型の肺がんだった
ということもあるのです。

 

  • 胸水がたまり痛くなる
  • 疲労感
  • 食欲不振
  • 体重減少
  • タバコを吸うと苦しい、咳が出る

 

喫煙者やある程度の年齢の方は(40歳以上)、いつもと違う呼吸器の
違和感に敏感になることが大事だといえます。

 

 

肺がんリスクを上げるPM2.5が中国より飛来!!

↓夜に撮影された中国の四川省

ガン検査

最近、中国の大気汚染でPM2・5が日本にまで流れ、肺がんリスクが高まってきました。しかし、男性を中心に喫煙者の多い日本で肺がんは、とくに中高年に多くみられ、世界的に見ても非常に発症率、死亡率ともに高いのです。

 

PM2.5はとくに秋から冬、春の季節に多く飛来してくるそうです。

 

 

肺がんが発症すると、肺胞がつぶれ、いくら空気を吸い込んでも激しい”息苦しさ”があり、酸素の薄いところにいるような状態が死ぬまで続きます。咳や痰、血痰、喘息のようなぜーぜーといった感じ、風邪にちかい症状があるなら要注意。

 

転移もしやすく、肺の摘出はもちろん、他の臓器やリンパ、血液に乗って全身のあちこちにがんを運びます。
肺がんに不安のある症状の人は念のため、病院で検査を受けましょう。

 

 

★肺がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓