寝すぎは便秘に、便秘は大腸がんになりやすい!

寝すぎは逆効果!病気の元、寿命を縮めてしまう!!

がん検査キット

睡眠をとれば取るほど健康に良さそうなイメージですが、寝すぎは便秘症の要因となります。医学の研究結果では、もっとも寿命が延びる睡眠時間は7.5時間とデータが出ました。

 

さらに便秘症の人は大腸がんになりやすいので注意が必要です。もしも、身体に異変や不安があれば、がん検査をすることをオススメします。

 

 

大腸がんは自分でも検査可能!


★大腸がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人にはガン検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

 

 

寝すぎと便秘の関係

 

反対に10時間以上も睡眠時間をとった場合、その人の寿命が大きく下がるとのこと。しかも、寝すぎは便秘になりやすく、便秘は大腸がんの原因になってしまいます。

 

また、寝すぎの人(毎日、10時間以上)の人は平均寿命が下がると学会で証明されています。

 

その理由には、大腸がんのなりやすさも含まれており、ただ寝れば健康に良いというわけではありません。

 

寝すぎの人が便秘になりやすい理由には、眠っているときは腸の動きが非常に鈍くなると同時い便の水分も少なくなるためです。