【注意!!】便秘症だと大腸がんになりやすい

そもそも便秘ってどういう状態をさすの?

がん検査キット

健康な人は1日1回、特に朝食後に便通があります。

 

これは食べ物が胃の中に入ると神経が刺激され便意を催します(胃・直腸反射と言います)。しかし、排便を我慢すると、この反射は鈍くなり、便意がなくなります。

 

ですが1日1回の便通がない人が便秘症であるかというと、そうではありません。医学的には、便が出ない日数で決まるわけではなく便の出方にあります。

 

例えば、3日ぐらい便が出なくても「スルリ」と快便だった場合は便秘ではなく、毎日出ていても、「排便時にお腹の痛みや張りを感じる」「残便感がありスッキリでない」場合は便秘症と言えます。

 

 

大腸がんは自分でも検査可能!


★大腸がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人にはガン検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

 

 

長いこと便秘症だとヤバイ!

長いこと便が体内に滞るということは、腸内に発がん物質がずっとあるということ。
この物質が腸粘膜を刺激し、大腸がんになりやすい原因となっています。

 

 

便秘になりやすい人

  • 腹圧が弱い人
  • 妊娠中、産後の女性
  • 便意が鈍い人
  • 運動どころか歩くことすら全然しない
  • 10時間ぐらい寝すぎてしまう人
  • 便意があってもガマンする人
  • 筋力の低下する老人

 

 

大腸がんの特徴をカンタンに説明すると…

大腸がんとは大きく分けると”盲腸からS状結腸にできる”「結腸がん」、”直腸から肛門にできる”「直腸がん」。

 

大腸がん患者は増加の一途をたどっており、胃がん患者数を上回るのは、時間の問題であるといわれてます。

 

症状としては下痢、便秘、排便時の出血が挙げられます。

 

 

発症者数、死亡者数ともに高い割合を占める大腸がんですが、早期発見でほぼ、100%完治出来るので、異変を感じたら病院で検査しましょう。

 

 

★大腸がんの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数のガン検査オススメはこちら★

↓↓↓