HPV(ヒトパピローマウィルス)かもしれない症状

HPVは子宮がんの原因となる怖い感染症!!

HPV(ヒトパピローマウィルス)の特徴をカンタンに説明すると…

HPVかもしれない症状と特徴

HPV(ヒト・パピローマウイルス)は性行為でうつるウィルス感染症で、通常、免疫機能でウイルスは排除されますが、上手く機能しなかった場合に細胞変異が起こり、恐ろしい”子宮頸がん”へと発展します。

 

男性の性器にイボイボが出来る”尖圭コンジローマ”という性病を経由して女性にうつることが多いので、もしも、彼氏や夫のアソコにイボイボがある場合はセックスしないのが身のためです。

 

女性に感染した場合は大小陰唇、膣前庭、膣、周辺に腫瘍(悪性の可能性もある)ができる。しかし、痛みなどはないため気が付きにくい。この腫瘍は、癌になる可能性があり、例えば子宮がんになった場合、症状として悪臭のあるオリモノがでてくる、不正出血がみられることがわかりやすい特徴。

 

しかし臭いだけでは、クラミジア、淋病、カンジタなど臭いオリモノがでる性病も多いので素人判断は難しいです。異変を感じたら病院で早期検査を受けましょう。

 

★HPV(コンジローマ)の最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓


 

 

 

HPV(ヒト・パピローマウイルス)

HPVには良性型と悪性型の2種類があり、ガン化する可能性のあるものを悪性型と呼んでいますが、ガン化までには10年以上かかり、そのほとんどが自然消滅します。

 

通販ガン検査キット

 

 

ただHPVの持続感染が子宮がんの原因だと分かっている以上、HPVキャリアであるなら、いつ、がんになるかわかりませんので定期的な検診がとても重要になります。

 

 

また、男性の性病「尖圭コンジローマ」のウィルスがHPVと同じなので男性経由でうつされる可能性が高いです。男性器にイボが出来る性病なので、注意深くみればわかると思います。

 

コンジローマの治療法はイボを取り除くことでしかできないので、体内にウイルスが残ることが多く再発しやすい。