エイズかもしれない症状と特徴

エイズの兆候をカンタンに説明すると…

ばれたくない、病院に行くのが面倒、恥ずかしい自宅で出来る性病検査郵送キット健康バスケット、STDチェッカー

よくみられる兆候として発熱、下痢、だるさ、体重減少が続くようならエイズの疑いがあるので病院で早期検査してもらいましょう。

 

エイズは非常に怖い性病ですが、早期発見さえ出来れば、今はエイズの研究もどんどん進んでいるので早期にキチンとした治療を始めればHIV増殖を抑えられます。

 

つまり、HIVに感染してたとしても、新薬によってある程度、ウイルス増殖をコントロールしエイズ発症スピードを抑えることが可能です。

 

エイズの疑いがあるようでしたら早期検査することをオススメします。
エイズ放置は数年で死に至りますが、投薬治療をすれば約40年も寿命を延ばせます。

 

 

 

HIV(エイズ)は自分でも検査可能!


★HIVの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

 

 

エイズは放っておくと免疫力低下、最終的に死にいたる病です!!

 

エイズの症状と特徴

 

まず、始めに説明しておきますが、一般的に「エイズ=HIV」と同一視されがちですが、HIVは”感染者”でAIDS(エイズ)は”発症者”の大きな違いがありす。

 

HIV感染しただけでは、特に影響はありませんが、発症することで「後天性免疫不全症候群」通称エイズという免疫機能が完全になくなり、そこらじゅうに浮遊している”単なるカビ菌”ですら死にいたる恐ろしい性病である。

 

 

HIVの感染から5年〜10年以上たったころに発熱や下痢、倦怠感、体重の減少が見られ始め、そしてついにエイズが発症します。

 

エイズかもしれない症状と特徴

 

 

ヒトの免疫機能の働きを担っているリンパ球が破壊され、免疫機能がどんどん落ちていきます。

 

発熱や下痢、倦怠感、体重の減少が見られ始め様々な感染症や病気などを引き起こします。

 

エイズになれば健康な状態であればまったく問題にもならないウイルスやカビなどといったものでも命にかかわる症状(日和見感染症)を引き起こし重篤な状態に、そして死に至るわけです。

 

 

人は無菌・無カビの環境下で暮らすことは不可能です。発症したらまず、助かりませんが、症状の進行速度を遅くする新薬が開発されており、これにより、エイズ患者の寿命を最大40年も延ばすことに成功しています。

 

 

これは、早期発見&早期治療が条件となりますので、不安疑いがあれば、まずは検査をしましょう。

 

★HIVの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓