HIVかもしれない症状と特徴

HIVの兆候をカンタンに説明すると…

発熱、下痢、だるさ、体重減少が続くようなら
エイズの疑いがあるので病院で早期検査してもらいましょう。

 

ですが早期発見さえ出来れば、今はエイズの研究もどんどん進んでおり早期にキチンとした治療を始めれば、HIVの増殖を抑えられHIVに感染してもウイルスの増殖をコントロールしエイズ発症を抑えることは可能です。

 

ですが、このような症状は普通の生活を送っていてもありえるもの。万が一に備え、検査を受けることをオススメします。
現在、エイズは早期検査&早期治療で最大約40年も寿命を延ばる病気です。

 

 

 

HIV(エイズ)は自分でも検査可能!


★HIVの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

 

 

HIV感染者は死の病、エイズ予備軍です!

 

HIVの症状

HIVを発症すると「後天性免疫不全症候群」という体の免疫機能が低下し、当たり前のように存在する”単なるカビ菌”ですら死に直結する恐ろしい病気です。

 

 

その状態を消防士に例えるなら、防火服を着ることなく、裸一貫で燃え盛る建物に突入するぐらい、危険な発症する性病と言えます。

 

 

HIV感染者=エイズと勘違いされがちですが、HIVは”感染”しただけ。現代医学ですと、数10年もエイズ発症を遅らせることが可能です。

 

 

 

 

HIVに感染すると発熱やリンパ腺の腫れ、のどの痛みといった風邪に似た症状が現れることもありますが、ほとんどは無症状。

 

症状があっても、長く続くわけではなく2〜3週間で自然と消えてしまい、その後は症状が全く出ない「無症候期」が5〜10年続きます。

 

身体の中でじわじわとHIVウィルスが増殖し免疫力を蝕み体重減少、下痢、発熱といった症状があらわれやすくなります。

 

 

HIVの検査可能時期

HIVに感染しても血液中に抗体ができる6〜8週間経たなければ正確な診断ができません。

 

そのため感染した日から3か月たってからの検査がもっとも有効なので、早くからやりすぎると感染していても陰性となってしまう場合があります。

 

現在の目覚ましい製薬技術でHIVキャリアでも適切な治療を行うことでHIVの増殖を抑え、エイズの発症を防ぐことも可能ですのでHIVは特に早期発見・早期治療が大切です。

 

 

 

現在、日本ではHIV感染者は増加し続け、1日に4人が感染していると報告されています。

 

ですがHIV自体は非常に感染力の弱いウイルスで、感染経路も性行為や血液感染などと限局されますので自己防衛で十分防ぐことができる感染症なのです。

 

★HIVの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓