C型肝炎かもしれない症状と特徴

C型肝炎の特徴をカンタンに説明すると…

C型肝炎ウイルス(HCV)によって引き起こされる感染症。

 

約7割の方が自覚症状の無い持続感染(キャリア)となり知らないうちに”慢性肝炎””肝硬変”へと進んでしていまい、放置が続くと”肝臓がん”になってしまいます。

 

C型肝炎の兆候としては、尿が褐色っぽい・身体がだるい・吐き気がする・食欲が無いなどの症状がみられます。

 

肝臓がんになる前に病院などで検査を受けましょう。

 

 

C型肝炎は自分でも検査可能!


★C型肝炎の最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

 

 

B型肝炎ほどではないが、ほっとくと肝臓がんに発展するリスクはある!!

 

C型肝炎の症状と特徴

 

同じ食器を使ったりしたら他の人にうつしてしまうんじゃないかと不安な人も多いようですが普段の日常生活では、感染することはありません。

 

感染経路は血液を介してとなるので、性行為をしてもそれほど感染しやすいわけでもない。

 

 

C型肝炎に感染するとウィルスが肝細胞を破壊し肝炎を引き起こします。

 

肝臓は損傷を受けても再生能力が高い為、発症していても7割強の方は自覚症状がありませんがココが怖いところでもあります。

 

傷みなどがないと、人はわざわざ病院に行こうと思う人はまずいないでしょう?

 

そのため、かなり症状が悪化してから見つかる病と言っていいですね。

  • おしっこの色がおかしい
  • おしっこに血が混じる

 

などの症状の場合は、淋病、B型肝炎、C型肝炎の可能性があります。

 

C型肝炎の兆候は、尿の色にもっとも変化が表れるので、排泄後の尿の様子などを毎日確認するのが、予防への第一歩です。

 

C型肝炎の兆候

 

  • 食欲不振
  • 倦怠感
  • 発熱
  • 黄疸

 

自覚症状の無い方が持続感染(キャリア)となり知らないうちに慢性肝炎、肝硬変へと進んでしまいます。

 

そのため、上記のような症状が出るようでしたら、病院で診てもらう事をオススメします。

 

特に黄疸が出る頃にはかなり、症状は悪化していることが多く、ヘタをすれば末期がんで手遅れの可能性もあります。

 

 

C型肝炎はB型肝炎に比べると比較的症状が軽いものの、慢性化しやすく肝硬変から肝臓がんに進行する場合もあるため注意が必要なのは同じです。

 

 

ちなみに日本人の死亡原因の90%はガン。

 

肝臓がんの原因はB型肝炎及び、C型肝炎によるものがほとんどで、肝臓がんの90%以上がこの2つによるものです。

 

肝臓がん患者のデータで1割の方がC型肝炎に感染していることから肝臓がんになる可能性がとても高いので定期的な検査を受けることがとても大切なのです。

 

肝臓がんの可能性がある症状兆候

 

  • 右上腹部の圧迫感
  • 右わき腹にしこりを感じる
  • 手の平が紅色になる

 

肝臓は鈍感で、酷くなるまで症状を自覚しにくいので、ちょっとした異変サインを見逃さないことが重要です。

 

上記の項目の症状は、とくに出やすいもの。

 

これらを確認したら、まずは病院で検査を受けましょう。放置しては、取り返しがつかなくなる可能性があります。

 

 

★C型肝炎の最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓