B型肝炎かもしれない症状と特徴

C型肝炎の兆候をカンタンに説明すると…

B型肝炎ウイルス(HBV)によって引き起こされる肝炎のことをいいます。感染経路は血液や体液。ほとんどの肝臓がん原因となっている性病です。

 

兆候を感じられる段階では、すでに”慢性肝炎””肝硬変”になっている可能性があり放置し続けるとやがて、”肝臓がん”になります。

 

肝炎とはウイルスによって肝臓の細胞が破壊され肝臓が悪化してしまう状態、大きく急性肝炎と持続肝炎の2つに分けることができます。

 

どちらも兆候として、濃い尿(褐色っぽい)・倦怠感・吐き気・食欲不振の症状がみられ、異変を感じたら病院で検査を受けましょう。

 

 

B型肝炎は自分でも検査可能!


★B型肝炎の最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

 

 

B型肝炎はほっとくと肝臓がんのリスクが高くなる病!!

 

B型肝炎の症状と特徴

 

  • おしっこの色がおかしい
  • おしっこに血が混じる

 

の症状の場合は、淋病、B型肝炎、C型肝炎の可能性があります。

 

 

 

B型肝炎固有の特徴は

  • 赤茶色の尿
  • 体がだるい
  • 吐き気
  • 食欲不振
  • 黄疸が出た

 

などの症状は要注意、B型肝炎の可能性が高いです。

 

 

 

 

急性肝炎

成人になってB型肝炎ウイルスにはじめて感染し発症する場合を指します。

 

  • 不眠症
  • 濃い尿が出る
  • 肝臓周辺の鈍い痛み
  • 全身の倦怠感
  • 食欲不振
  • 発熱
  • 嘔吐
  • ひどい場合には黄疸が見られる場合も

 

これらの症状は2〜3か月ほどで自然に治癒しますが、まれに劇症化も。

 

持続肝炎(キャリア)

B型肝炎ウイルスに持続感染している人(HBVキャリア)の発症を指します。

 

発症した段階で慢性肝炎や肝硬変になっていることが多く定期的な検査を受ける必要があります。

 

肝臓がんの可能性がある症状

 

  • 右上腹部の圧迫感
  • 右わき腹にしこりを感じる
  • 手の平が紅色になる

 

B型肝炎や、C型肝炎を放置すると、肝臓がんに発展する恐れがあります。肝臓は鈍感で、酷くなるまで症状を自覚しにくいので注意が必要。というより、自覚症状が出た時にはすでに、症状が進行しており肝硬変や肝臓がんの一歩手前までいっていることも!

 

特に健康診断などでB型肝炎ウィルスやC型肝炎ウィルスの保有者(キャリア)と診断された方は定期的な検査を心がけましょう。

 

 

セックスの際にはコンドームの使用は感染予防に、とても有効。検査とともに予防を心がけることも大切です。

 

 

★B型肝炎の最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓