HIV検査はすぐには受けられません。では受けられる時期は?

HIVのパートナーとセックスしたから、すぐ検査!というわけにはいかないようです。

 

HIV感染を調べる「HIV抗体スクリーニング検査」は、すぐにできるものではありません。なぜなら、HIV抗体が検出されるようになるまで日数がかかるからです。

 

確実に確認したい場合は3ヵ月以上経過してからスクリーニング検査を受けること、と、国のガイドライン上でそう示されています。

 

ですので、感染したかも知れない疑いのある日にちを覚えて置き、検査が可能な日にちになったら受けるようにしましょう。

 

 

たとえば8月に疑いのある性交したあとは、その3か月後である11月にHIV検査を受けると良いでしょう。
HIV感染の検査は、医療機関や保健所、通販の検査キットなどで検査が可能です。

 

 

HIV(エイズ)は自分でも検査可能!


★HIVの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

Q,エイズ(HIV)ってどんな病気ですか?

 

Q,HIVに感染したら、職場に報告しなければならない?

 

Q,エイズ(HIV)感染者の平均余命は?

 

Q,HIV(エイズ)の治療薬の価格は高いの?

 

Q,HIV に感染したら、どのような治療をするのですか?

 

エイズ(HIV)は症状からわかりますか?

 

エイズ(HIV)検査の大まかな流れ

 

エイズ(HIV)検査を受けられる時期とは

 

【エイズ】と【HIV】の違い