エイズ(HIV)検査の大まかな流れ

HIV検査全体の流れ

 

HIV/エイズ検査は、血液を採取して行い、感染を確実に判定するために2段階の検査します。

 

違う方向から検査をすることで、確実な検査結果を出せる仕組みになっています。

 

 

1段階目のスクリーニング検査は「陽性(+)」を調べる検査。

 

感染の疑いから3ヵ月後のスクリーニング検査で「陰性(−)」となれば、
感染していないことが確定となります。

 

 

スクリーニング検査で「陽性(+)」となった方は、まだエイズ確定ではありません。
違う検査法を用いた2段階目の検査で判定します。

 

ここでも「陽性(+)」が出れば感染が確定となります。

 

 

HIV(エイズ)は自分でも検査可能!


★HIVの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

Q,エイズ(HIV)ってどんな病気ですか?

 

Q,HIVに感染したら、職場に報告しなければならない?

 

Q,エイズ(HIV)感染者の平均余命は?

 

Q,HIV(エイズ)の治療薬の価格は高いの?

 

Q,HIV に感染したら、どのような治療をするのですか?

 

エイズ(HIV)は症状からわかりますか?

 

エイズ(HIV)検査の大まかな流れ

 

エイズ(HIV)検査を受けられる時期とは

 

【エイズ】と【HIV】の違い