女性だけど性行為したら性病うつされたかも…

 

性病は自分でも検査可能!


 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★性病検査オススメ比較はこちら★

↓↓↓

 

セックス行為自体、あらゆる性病に感染する可能性が高いです。

精液または腟分泌液、そして血液に含まれるSTDの菌やウイルスが、あらゆる性行為(オーラルセックス・セックスなど)により、あなたののどやヴァギナの粘膜から侵入し、感染します。

 

男性が性感染症の場合、コンドームもなしでセックスを行ったらかなりの確率で性病に感染します。

 

女性の場合、性病が不妊症の引き金となるケースも珍しくないので、もしも、異変を感じたら絶対に放置などせずに、病院、もしくは検査キットで、性病検査を行ってください。

あらゆるSTDに感染する可能性がありますが、特に感染者数の多いクラミジアは必須です。気になる HIV(エイズウイルス) も感染経路は同じ。

 

念のためというお気持ちでも調べておきましょう。

 

特に感染し易い性病

クラミジア 、淋菌、梅毒、B型肝炎、尖圭コンジローマ、性器ヘルペス、ケジラミなど

HIVの感染は?

 

通常のセックスだけではなく、アナルセックスも行っていればさらに感染の可能性は高くなります。

 

直腸などの粘膜は擦れに弱く、傷つきやすいというのがその理由です。性病ウィルスは主に粘膜のキズ口から侵入しますので、切痔の場合はさらに感染しやすくなり危険です。中にはHIVなど死にいたる性病もありますので注意が必要です。

 

症状からだけでは感染しているかはわかりませんので、必ず検査を受けてください。

 

 

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★性病検査オススメ比較はこちら★

↓↓↓