アナルセックスで挿入された時に性病をうつされたかも…

 

性病は自分でも検査可能!


 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★性病検査オススメ比較はこちら★

↓↓↓

 

解説:アナルセックスはあらゆる性病に感染する可能性が高いです。

ペニスの粘膜や精液に含まれるSTDの菌やウイルスが、アナルセックス(ペニスを肛門へ挿入する行為)をされることにより、あなたの直腸の粘膜や傷口から侵入し、感染します。

 

肛門が切痔という女性も少なくは無く、そのキズからウィルスが侵入したり、また、ヴァギナと違って愛液が出てきませんので、潤滑不足で擦れ合いの中でキズを負うこともよくあります。

 

ですので、通常のセックスよりもアナルの方が、性病に感染する可能性は高くなります。

 

もしも、アナルセックスをする場合は、コンドームの着用とローションなどでヌルヌル感を増しプレイしましょう。切痔やキズのある状態でのセックスはオススメ出来ません!

 

特に感染し易い性病

クラミジア 、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、尖圭コンジローマ など

HIVの感染は?

 

感染の可能性は最も高いです。直腸などの粘膜は
傷つきやすく、そこからHIVが感染しやすくなります。
症状からだけでは感染しているかはわかりませんので、必ず検査を受けてください。

 

 

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★性病検査オススメ比較はこちら★

↓↓↓