アナルセックスで挿入した時に性病をうつされたかも…

 

性病は自分でも検査可能!


 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★性病検査オススメ比較はこちら★

↓↓↓

 

解説:アナルセックスはあらゆる性病に感染する可能性が高いです。

女性と本番のセックスよりもアナルセックスが安全というわけではありません。

 

悪玉菌なども多く浮遊しているので、ヴァギナ挿入よりも一部の性病になる可能性は高くなります。アナルセックスの時でもコンドーム装着は性病を未然に防ぐためにも基本。

 

直腸の粘膜や出血した血液に含まれるSTDの菌やウイルスが、アナルセックス(ペニスを肛門へ挿入する行為)により、あなたのペニスの尿道や粘膜から侵入し、感染します。

 

あらゆるSTDに感染する可能性があります。
特に梅毒やB型肝炎、HIV(エイズウイルス)の検査は受けましょう。

 

特に感染し易い性病

クラミジア 、淋菌、HIV、梅毒、B型肝炎、尖圭コンジローマ など

HIVの感染は?

 

感染の可能性は極めて高いです。直腸などの粘膜は弱く傷つきやすいので、そこから出血した血液に含まれたHIVが尿道口から侵入して感染します。

 

症状からだけでは感染しているかはわかりませんので、必ず検査を受けてください。

 

 

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★性病検査オススメ比較はこちら★

↓↓↓