Q,エイズ(HIV)感染者の平均余命は?

A,平均値は不明ですが、早期エイズは投薬で寿命を40年延ばせます。

現在ではエイズとつきあいながら、元気に仕事をしている人もいますし家族とともに暮らしていくことができます。

 

いまだにエイズ=死、ぐらいの認知度です。確かに1996年以前では、エイズと診断された人の余命わずか約7年!まさしく「死に至る病」でしたが、現在ではHIVの治療薬は格段の進歩を遂げています。

 

病気が進行していないうちに治療を始めることができれば、その人の余命は昔の約8倍、約40年と延びました。

 

高血圧や糖尿病、肝炎などの成人病と同じくHIV感染症は「治らないけれど、一生つきあう病気」になってきましたので感染したからといってすぐに死ぬというものではなくなってきました。。

 

ですが、逆にいえば発見が遅ければ遅いほどに余命がどんどん減っていくということを忘れてはいけません。ですのでHIVは早期検査、早期治療が重要となってきます。少しでも「怪しいな」と思ったらすぐに検査を受ける癖をつけましょう。

 

 

HIV(エイズ)は自分でも検査可能!


★HIVの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

Q,エイズ(HIV)ってどんな病気ですか?

 

Q,HIVに感染したら、職場に報告しなければならない?

 

Q,エイズ(HIV)感染者の平均余命は?

 

Q,HIV(エイズ)の治療薬の価格は高いの?

 

Q,HIV に感染したら、どのような治療をするのですか?

 

エイズ(HIV)は症状からわかりますか?

 

エイズ(HIV)検査の大まかな流れ

 

エイズ(HIV)検査を受けられる時期とは

 

【エイズ】と【HIV】の違い