Q,HIV に感染したら、どのような治療をするのですか?

A,治療は投薬で行い、一生涯、毎日かかさず服用し続けなければなりません。

エイズ(HIV)はリンパ球を破壊し尽くして免疫機能を低下させる性病。極限にまで免疫がなくなった身体は軽い風邪ですら命を奪います。そんなエイズの治療には投薬療法で行います。今日では増殖プロセスを断ち切るための治療薬が開発されています。

 

ウイルス増殖のプロセスを簡単に説明すると、

  • 1.ウイルスがリンパ球に侵入
  • 2.ウイルスがひとの遺伝子に組み込まれる最中
  • 3.ひと遺伝子に組み込まれ、ウイルスのタンパクをつくる瞬間

 

3つのウィルス増殖プロセスに対して有効な薬剤を組み合わせることで、体内のHIVのウイルス量を低く抑え続けます。しかし、HIVを完全に根絶やしさせることはできません。治療となると一生涯、治療薬の服用を続ける必要あり副作用とも、うまくつきあっていかなければなりません。

 

 

薬を飲んだり飲まなかったり、というように不規則な服用をすると、体内のHIVが進化して治療薬が効かなくなります。HIV早期発見で寿命を40年ほど延ばすことができますので異変を感じたら早期検査をオススメします。

 

 

HIV(エイズ)は自分でも検査可能!


★HIVの最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

Q,エイズ(HIV)ってどんな病気ですか?

 

Q,HIVに感染したら、職場に報告しなければならない?

 

Q,エイズ(HIV)感染者の平均余命は?

 

Q,HIV(エイズ)の治療薬の価格は高いの?

 

Q,HIV に感染したら、どのような治療をするのですか?

 

エイズ(HIV)は症状からわかりますか?

 

エイズ(HIV)検査の大まかな流れ

 

エイズ(HIV)検査を受けられる時期とは

 

【エイズ】と【HIV】の違い