淋病(淋病感染症)かもしれない症状と特徴

男性が淋病に感染したときの兆候&特徴

  • 局部の激しい痛み
  • 発熱や尿道の炎症
  • 尿道から白っぽく粘り気のある膿がでる
  • おしっこが出にくい、また、血が混じる
  • 睾丸が腫れて痛みを伴う

女性が淋病に感染したときの兆候&特徴

性病検査STDチェッカー

  • オリモノから悪臭がする
  • 膿混じりの黄色や緑白色のオリモノ
  • 生理じゃないのに不正出血
  • 性交時の痛み

 

 

淋病は自分でも検査可能!


★淋病の最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

 

「病院に行けない」「誰にもバレたくない」そんな人には性病検査キットがおすすめ。

 

検査物(尿や血液など)を採取したら検査機関に郵送し、検査結果を待つだけ。採取自体は5分もあれば完了。病院よりも時間が節約できて、料金も明朗で安く済むメリットがあります。

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

 

 

 

淋病は長期放置で男女共に不妊原因に!

 

淋病とは?

淋病(淋病感染症)かもしれない症状と特徴

淋病は「淋菌」という細菌によって引き起こされる性感染症です。

 

女性の場合、放置は子宮・卵管の炎症を起こし不妊の原因に。また、感染した妊婦が出産した場合、赤ちゃんにも感染します。

 

男性の場合、「精巣上体炎」という病気を引き起こし、”生殖機能が著しく低下”、無精になり、やはり不妊の原因に。

 

酷くなる前に念のため検査を!

不妊治療に発展すると完治は困難になりますので異変を感じたら早期検査が大事です。

 

男性の場合、精巣の炎症を放置すると生殖機能が著しく低下し、無精病になり不妊原因に。

 

女性の場合、この性病を放置すると卵管炎や子宮内膜炎、腹膜炎を引き起こします。

 

子宮・卵管の炎症は不妊原因となり治療も難しいものになってしまいます。妊婦が感染した場合、出産時に赤ちゃんへの感染の可能性もあり、死産の要因ともなります。

 

淋病の症状は下腹部の痛みが膀胱炎などと勘違いされがちです。それが淋病だと、気づいたときにはすでに重症化していることがありますので早めの検査が必要です。

 

 

 

淋病は自分でも検査可能!


★淋病の最安値検査キットはこちらでチェック★

↓↓↓

 

★検査キットをわかりやすく説明★

↓↓↓

 

★複数の性病検査オススメはこちら★

↓↓↓

 

 

≪淋病以外にも症状が似ている(とくに女性の症状が)性病≫
・細菌性膣炎 ・カンジダ ・クラミジア ・トリコモナス ・子宮頸がん